2013年01月05日

インド哲学との素晴らしい出会いで病気も吹き飛びました

 三日前のことになります。友人から日本でバガヴァット・ギーターというインドの古典文献の研究者とスカイプで話してみないかと誘われました。なんとなく興味があって、友人のすすめどおり、その方と話をしました。
 最初はどんな人物かわからなかったので、探りを入れる感じだったのですが、話しているうちに、大変立派な本物だとわかり、感激したのです。わたしは東洋哲学科の卒業生で、文学士なのですが、いままで二十年以上勉強してきた哲学論と、その方のおっしゃることは、まったく矛盾が無く、しかも明快でありました。
 これはいい出会いだと思い、私もスカイプで、その方とコンタクトし、またお話しました。すると、どんどん心が晴れていくではありませんか。その方は、人格も立派な方で、なによりお元気で明るい。しかも信仰心に富んでいらっしゃり、なんとインド人の弟子さえいるのです。話しているだけで、元気をもらい、病気が吹き飛んだのです。
 その方は、ホームページとブログを開設していらっしゃいます。バール・クリシュナ・フミオさんです。私も読んでみましたが、内容は深く、大変意義がありました。
 私は信仰と哲学は一致しているべきだと、考えてきました。その体現を間近に見た思いです。
 いま、私は元気をすっかり回復しています。
 バール・クリシュナ・フミオさんは、スカイプでインド哲学の無料指導をされています。また静岡で講座も開かれています。くわしくはホームページとブログをごらんください。
 バガヴァットギーター、バールクリシュナフミオ、で検索すれば、すぐ出ます。
 おすすめします。私は今後もまじめに学んでみたいです。
posted by 21世紀中年 at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。