2013年01月17日

インド哲学の指導を受けた前と後での、精神症状の変化レポート

この15日間ほどで、私の病状は日増しに良くなってきています。

理由は解らないのですが、バール・クリシュナ・フミオさんから、インド哲学の指導を受けているうちに、そうなってきているのです。

自分でも、だんだん元気になってきたことが自覚されます。

では具体的にどうなったのか、レポートにしてご紹介します。

以下、私の書いた文章に、バール・クリシュナ・フミオさんが加筆したものです。

 前の症状
 
意欲の減退  やる気がなくなる。

 妄想  いろいろな想いが出てくる。妄想が自覚できて妄想に支配されることもある。

 感情鈍磨  うつ状態がづづいている状態、喜怒哀楽が平板になっていく。

 幻聴  人の声や音楽が自然に聞こえてきてしまい、時には幻聴に操縦されてしまうこともある。


 後の改善点

自動思考の停止 自動思考が無くなりスッキリした感じになる。
 思考が自分の意図とは関係なく、勝手に想起連想してしまうことが無くなった。

意欲の亢進    いろいろなことにやる気が出てきた。

妄想の軽減    過去の悔みや、被害妄想、他人の眼が気にならなくなった。

生活習慣が、規則正しくなった。
早寝をするようになり、深い眠りもでき、早起きして先祖供養もするようなった。

感情の復活  喜怒哀楽がはっきり自然に自覚できるようになった。
幻聴は音楽がやや聞こえるものの、人間の声は聞こえなくなった。

 概観

 指導を受けた当日は、頭に熱がこもり、頭痛と吐き気がし、眠れなかったが、これは好転反応と
思われます。
 しかし、翌朝はスッキリした目覚めとなり、一日で完璧に改善しました。
クリシュナが語ることを聞くように意識を集中したら、だんだんと落ち着いてきて、思考が明快になった。
睡眠状態が改善して、熟睡できるようになった。
また自分が演奏する演奏で、自分が思うままに、何かの壁が一気になくなったように、自由に演奏が出来
るようになった。正にめざましく音楽的技能が進歩した状態となったのです。
先祖供養と先生のCDのクリシュナ・マントラを朝晩聴くようになってから、身体が軽くなった。
 いままで疑問に思ってきたことが、整理されて、思考が明晰になった。

                                                                                               以上
今迄20年間治療を受けてきましたが、こんなことは初めてです。不思議な感じがします。

でもオカルトでもなんでもないのです。

インド哲学に興味を持たれた方は、バール・クリシュナ・フミオさんのブログをぜひ読んでみてください。

バール・クリシュナ・フミオのブログ http://ameblo.jp/balkrishna/entry-11448612329.html


posted by 21世紀中年 at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。