2013年01月19日

インド哲学の指導が精神障害の改善に

今日もバール・クリシュナ・フミオさんとスカイプで交信しました。このところ毎日のことです。

インド哲学の指導を受けていることは、前にも書きました。そして、この間20年も精神病院に通っている、私の病状はどんどん改善されているのです。

遂に幻聴がなくなりました。全く聞こえません。音楽が聞こえていたのですが。

また話し方が、以前はくぐもっていていたものが、ほぼ普通になっています。ただ語尾が明瞭ではないので、フミオさんから発音のコツを教えてもらい、練習中です。

インド哲学の指導といっても、奇跡とかオカルト現象とか、そのようなことは一切ありません。普通に会話しているだけです。しかし普通の会話の中に、高度な精神知識が含まれていて、目が開かれます。

今の日本でインド哲学を指導できるのは、フミオさんだけだそうです。私は哲学の学徒ですが、確かに私も寡聞にして知りません。

とにかく、フミオさんとスカイプで交信し、ブログを読みはじめて、16日目になったばかりなのに、いままで改善が見られなかった、精神病の症状が、目覚しく改善されてきました。自分でも驚きですし、フミオさんも、そのようなことは、初めての経験だそうです。

しかしながら、フミオさんによりますと、そのようなことが起こるのは、私の精神性が高いからだとのこと。誰にでも起こるわけではないのだそうです。

フミオさんと精神性を語れるような人物は、さほどいないようです。

私の生活態度も、かなりよくなりました。クリシュナへの礼拝と、先祖供養を毎日朝晩とやっています。

便所掃除を欠かさずやったり、以前は面倒だった風呂に入ることも抵抗がなくなり、身だしなみもよくなりました。

また楽器の演奏が、格段にうまくなったのです。

これはすごいと、自分でも不思議です。でも別に心霊現象のようなことは、一切ありません。

これを読んで、感じるところがある方は、バール・クリシュナ・フミオさんのブログをご覧ください。

強調しますが、指導は全て無料で行なわれています。また教団の類は一切ありません。個人指導です。

スカイプでバガヴァット・ギーターの無料指導を致します。
アドレス balkrishna75
我こそはと思う方は、お気軽にコールしてください。

覚者よ我を観よ 智者よ真理を聴け 勇者よ我と共に学べ
これからはインド哲学バガヴァット・ギーター の時代です。

バガヴァット・ギーターはマハト・ガンジーが座右の書としたものです。

私は宗教団体には一切入っておません。

全て独学でギーターを身につけました。

私の主義は人を集めず、布施を求めず、去る者は追わず

私はその人の、自主自立、独立自尊を尊重します。

人生の意義を知り、本当の人間としての幸せを掴んでください。

バール・クリシュナ・フミオ

ブログのURLhttp://ameblo.jp/balkrishna/
posted by 21世紀中年 at 14:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。