2013年02月06日

ブログ終結のお知らせとごあいさつ

この度、このブログ、精神障害日記を終結することといたしました。

理由は単純で、もう私は精神障害者ではなくなってしまったからです。

思えば長い闘病生活でした。20年です。

ここまで私を支えてきた両親や友人たちに、感謝しています。

バール・クリシュナ・フミオ様には特に感謝を。

暖かいコメントを下さった、虹の父様とくらにい様にも感謝。

最後に創造神クリシュナに、栄光あれ。

ブログそのものはほったらかしにして、保存します。

精神障害が克服できることの、一例として。

今後のブログ活動は、パンセの森に一本化します。

なお私が精神障害から回復した経緯をお知りになりたい方は、過去ログの2003年1月5日から、2月4日までのコンテンツをご覧ください。

読者のみなさま、ごきげんよう。ありがとうございました。


バール・クリシュナ・フミオのブログ http://ameblo.jp/balkrishna/
パンセの森 http://swh42.at.webry.info/
posted by 21世紀中年 at 12:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

精神障害者父の葬儀をなんとか終える

父の葬儀もなんとか終わらせることができました。

父の死に顔は、今にも起き上がりそうな、そして安らかなものでした。ちょっと安心。

親戚が助けてくれたので、ありがたや。母と二人だけでは、どうにもならなかったでしょう。

なんだか自分が精神障害者であることなど、吹き飛んでしまった感じででした。

昨日、今日と、家に親戚が弔問に来てくれました。写真まで貰って、感謝。

なんだか、悲しくはないのです。父の入院生活が長かったせいもあるのでしょう。

これからは年老いた母を、見守らなくてはなりません。子供は私ひとりなので。

でもなんとかなるのでしょう。

人の縁は、大切ですねえ。

私は人間の魂は不滅だと思っています。そのことはソクラテスが証明しています。

哲学やっててよかったなと思いました。

忙しいので、ブログはしばらくお休みです。


インド哲学に、興味を持たれ、学んでみたい方は、ぜひにそうすることをお勧めします。

以下、バール・クリシュナ・フミオさんのブログからの引用です。ご本人の許可を受けてます。


スカイプでバガヴァット・ギーターの無料指導を致します。
アドレス balkrishna75
我こそはと思う方は、お気軽にコールしてください。

覚者よ我を観よ 智者よ真理を聴け 勇者よ我と共に学べ
これからはインド哲学バガヴァット・ギーター の時代です。

バガヴァット・ギーターはマハト・ガンジーが座右の書としたものです。

私は宗教団体には一切入っておません。

全て独学でギーターを身につけました。

私の主義は人を集めず、布施を求めず、去る者は追わず

私はその人の、自主自立、独立自尊を尊重します。

人生の意義を知り、本当の人間としての幸せを掴んでください。

バール・クリシュナ・フミオ

ブログのURLhttp://ameblo.jp/balkrishna/
posted by 21世紀中年 at 21:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

遂に父が逝く 精神障害者はこの難局を乗り越えられるか?

父が1月30日にあの世に旅立ちました。

このブログで、父の意識が戻るのではないかと、書いてきましたが、現実とはなりませんでした。

今は1月31日の午前2時20分です。眠れないので書いています。

思いますに、バール・クリシュナ・フミオさんから、インド哲学を指導していただく前の状態で、この事態になっていたら、私は混乱していたと思います。

先祖が私をフミオさんに引き合わせたらしです。

精神障害者が、父の死を乗り越えられるのかと、自分のことを心配していましたが、親戚の協力もあって、葬儀は大丈夫そうです。

なんだか父がまだ生きているような気がします。

インド哲学によれば、人間の魂は不滅であるとのこと。

私はそれを確信しました。父は魂になって、今後も存在し続けるのです。

そう思うと、心が安らぎます。

お騒がせしまして。

今後は経済的な問題に直面しますが、クリシュナに託そうと考えています。

私も病気とか何とか、気に病んでいられません。


インド哲学に、興味を持たれ、学んでみたい方は、ぜひにそうすることをお勧めします。

以下、バール・クリシュナ・フミオさんのブログからの引用です。ご本人の許可を受けてます。


スカイプでバガヴァット・ギーターの無料指導を致します。
アドレス balkrishna75
我こそはと思う方は、お気軽にコールしてください。

覚者よ我を観よ 智者よ真理を聴け 勇者よ我と共に学べ
これからはインド哲学バガヴァット・ギーター の時代です。

バガヴァット・ギーターはマハト・ガンジーが座右の書としたものです。

私は宗教団体には一切入っておません。

全て独学でギーターを身につけました。

私の主義は人を集めず、布施を求めず、去る者は追わず

私はその人の、自主自立、独立自尊を尊重します。

人生の意義を知り、本当の人間としての幸せを掴んでください。

バール・クリシュナ・フミオ

ブログのURLhttp://ameblo.jp/balkrishna/
posted by 21世紀中年 at 03:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。